お問合せ
バックナンバー
トップページへ
 2012年(平成24年)10月14日、徳島大学病院は、市民公開講座「徳島大学病院フォーラム2012秋」を開催しました。徳島大学病院では、大学病院が果たすべき地域貢献の一環として、毎年2回、秋と春に市民公開講座を開催しております。本フォーラムではテーマを「高血圧−生活習慣改善のコツ−」と題し、5人の先生が講演を行いました。
 安井 夏生 病院長の挨拶から始まり、佐田 政隆 本院循環器内科長、谷 佳子 本院栄養部管理栄養士、小原 繁 大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部教授、岡久 玲子 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部助教から、高血圧と睡眠時無呼吸症候群の関係、高血圧予防としての調理の工夫や運動の重要性などについて講演されました。その後、引き続き、猿田 享男 慶應義塾大学名誉教授より、「高血圧のリスクとその対策〜自己管理の重要性〜」と題して、生活習慣改善の重要性や家庭での血圧測定の注意点について講演がありました。
 また、パネルディスカッションでは、事前に寄せられた約300通の質問の中から代表的な質問について講演者及び座長が回答し、参加者は熱心にメモを取っていました。
 「徳島大学病院フォーラム 秋」は、生活習慣病に焦点をあて、正しい医学情報を県民に届けることを目的に開催しています。本年度も、約750人の県民の方々に参加いただき、盛況のうちに終了することができました。
大学病院医療情報ネットワーク
発行:国立大学病院長会議常置委員会  広報担当事務局:岡山大学病院  編集・制作:(株)日経メディカル開発