NEWS

脳梗塞患者さんを対象とした自家骨髄肝細胞移植治療(医師主導治験)をスタート

2017年11月

  北海道大学病院では、脳梗塞患者さんを対象とした自家骨髄肝細胞移植治療(医師主導治験)を開始しています。この研究は、脳梗塞を発症して間もない急性期に患者さん本人方骨髄肝細胞を採取し、増殖培養を行った後に、脳内に直接投与することで、麻痺などの運動機能の回復を目指します。詳細はこちらをご覧ください。

 

北海道大学病院
前のページへ