病院の紹介

群馬大学医学部附属病院ホームページ
病院長 田村 遵一

大学外観

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

当院は長年にわたり北関東地区の中核医療施設として総合的先端的医療を提供してきました。特に重粒子線治療や新規外科手術の実施によるがん治療及び内分泌・糖尿病治療を得意分野としてきました。外科手術後死亡事例問題では皆様にご迷惑・ご心配をお掛けしましたが、その後徹底的に課題を抽出・克服し、現在では医療安全に関しては全国でも先進的な病院の一つになりつつあります。今後も基本に忠実な「安心、安全、納得の医療」を提供していきます。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

様々な課題を一つ一つ誠実に克服し、「医療の質・安全」の向上を基本に、地域の皆様のご期待に沿えるような先端的医療の着実な推進並びに群馬県及び群馬県医師会等との連携による「地域の声に応える医療体制の整備」に力を尽くしていきます。

Q.病院長の好きな言葉、または皆様へのメッセージの言葉をお願いします。なお、言葉の説明もお願いします。
「医療は皆のもの」が好きな発想です。病院での主役は患者さんであり「患者本位の医療」は当たり前の姿勢です。しかし、医療を提供する側・医療者もやはりやり甲斐があり、かつ、疲弊する前に休息を取ることや自己研鑽を積む余裕が必要です。日本の医療は幸い世界トップレベルと言われていますが、これを持続するためには、医療者の努力に加え、患者さんを始めとする社会の協力が不可欠であると考えています。
プロフィール

昭和57年 群馬大学医学部 卒業
昭和63年 米国立衛生研究所 研究員
平成 2年 群馬大学医学部 助手
平成 8年 群馬大学医学部附属病院 講師
平成11年 群馬大学医学部附属病院 教授
平成18年 群馬大学医学部附属病院 病院長補佐
平成27年 群馬大学医学部附属病院 病院長

前のページへ