病院の紹介

富山大学附属病院ホームページ
病院長 齋藤 滋

広報誌バックナンバー

大学外観

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

富山平野を呉西と呉東に分ける呉羽山の上に富山大学附属病院が建っています。和漢医薬学研究所と和漢診療学講座が連携して、西洋医学では効果が不十分な難治症例に対して和漢医療を提供しています。また先進の医療技術を活かした包括的脳卒中センター、循環器センター、総合的感染症センター、地域周産期センターを有しており、少人数で、できる限りの医療を提供しています。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

富山県の医療の最後の砦となるために、医療技術をスタッフ全員で高めるのみならず、必要な部門には人を配置して、高度医療を安全に、かつ適切に提供したいと考えています。また、今後、需要が高まる慢性期医療のスペシャリストを育てる事も喫緊の課題と考えています。地域に急性期に対応できる医療スタッフのみならず、慢性期・回復期・リハビリを担当する医療人を輩出したいです。

Q.病院長の好きな言葉、または皆様へのメッセージの言葉をお願いします。なお、言葉の説明もお願いします。

Never give up.「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」が私の好きな言葉です。病院スタッフが共通の目標を持ち、同じ志を持って医療を提供すれば、必ず良い結果が得られると思います。何もしないというよりも、まずは行動を起こし、病院長の責任を果たしたいと考えています。

プロフィール 専門分野 産婦人科学

1984年 奈良県立医科大学大学院医学研究科修了後、奈良県立医科大学助手、講師、助教授を経て、
1998年 富山医科薬科大学医学部教授
2004年 富山医科薬科大学附属病院副病院長
2005年 富山大学医学部教授、富山大学附属病院副病院長(2009年3月まで)
2011年 富山大学附属病院副病院長(2013年3月まで)
2013年 富山大学教育研究評議会評議員
2016年 富山大学附属病院長事務取扱
2016年 富山大学附属病院長、富山大学副学長
前のページへ