病院の紹介

大阪大学歯学部附属病院ホームページ
病院長 村上 伸也

広報誌バックナンバー

大学外観

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

昭和28年(1953年)、西日本で最初の国立大学歯学部附属病院として発足し、口腔領域のあらゆる疾患、異常等に対して専門的医療を提供することはもちろんのこと、一般歯科総合診療センター、近未来歯科医療センター、口唇裂・口蓋裂・口腔顔面成育治療センターを擁し、診療科横断的なチーム医療を提供しています。また、次代を担う優秀な歯科医師の養成、新規の予防法・診断法・治療法の開発等にも尽力しています。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

私たちの病院を信頼し、来院してくださる患者様に対して、「安全で安心な治療が受けられる病院」「高度で最新の治療が受けられる病院」「科学的根拠に基づいた治療が受けられる病院」であり続けられるよう、尽力いたします。また、国際的にも、一層その活動の場を広げてまいります。

Q.病院長の好きな言葉、または皆様へのメッセージの言葉をお願いします。なお、言葉の説明もお願いします。

本院を受診された方々が「大阪大学歯学附属病院があってよかった」と思っていただけるよう、教員・職員がお互いに助け合い、努力を続けてまいります。

プロフィール

昭和59年  大阪大学 歯学部卒業
昭和63年  大阪大学 大学院歯学研究科修了 (博士(歯学))
昭和63年  米国国立衛生研究所(NIH)に留学
平成14年  大阪大学大学院歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 教授
       歯周病分子病態学・歯周病診断制御学
平成28年  大阪大学歯学部附属病院 病院長
      大阪大学 総長特命補佐
専門は歯周病学・歯周治療学

前のページへ