病院の紹介

大阪大学医学部附属病院ホームページ
病院長 木村 正

広報誌バックナンバー

大学外観

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

大阪大学医学部附属病院は、全科全分野の総合力と連携に基づく、国内最高水準の医療安全体制を有します。また、「未来医療開発部」を軸として橋渡し研究、臨床研究、先進医療を多数行い、併せて、高度急性期医療を多数の患者さんに展開しています。地域の皆様に加え、「国際医療センター」を通じて海外の患者さんの受け入れも積極的に行っています。全分野トップレベルの総合力を有し、何が起こっても対応できる医療体制こそが、新しい医療・医学に挑戦するためには必須であり、本院はその条件を満たしています。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

国際レベルの先進的な医療・医学の開拓を「臨床研究中核病院」として、更に展開したいと思います。また、専攻医、研修医や若いメディカルスタッフ達が「阪大病院に勤務すれば何か人生で得るものがある。」と思うような高度医療人教育を更に推進したいと思います。
その為にも高度急性期医療を数多く安全に行うことができる体制づくりが必要です。本院が、これらの目標を達成することで未来の人類の健康と医療・医学の発展に貢献したいと思っています。

Q.病院長の好きな言葉、または皆様へのメッセージの言葉をお願いします。なお、言葉の説明もお願いします。

「オチ(落ち)はなーに?」
大阪で話をしていて「あいつの話には落ちがない」というのはかなり厳しい批判です。「オチ」とは起承転結の「結」即ち結論であり、最終目標とするところであります。(当然、「お笑い」の世界では笑いを取ることです。)最近、「○○改革」という言葉をよく聞きます。しかし、改革には必ず明確な目標が無ければなりません。本院は何を目標にするのか、次の時代の「結(オチ)」に向かって、構成員の皆さんの意見を聞きながら仕事をして行きたいと思います。

プロフィール 昭和60年大阪大学医学部卒業。
大阪大学医学部附属病院、大阪労災病院で産婦人科全般の研修を行う。
独・ハンブルグ大学生殖内分泌研究所客員研究員、大阪府立成人病センター参事を経て、平成18年から大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学講座教授。
平成26年から大阪大学医学部附属病院副病院長。
平成30年から大阪大学医学部附属病院病院長。
専門は産科学、婦人科学、生殖医学。
地域の産婦人科医療の高度化・活性化のための行政的提言を行ってきた。
前のページへ