病院の紹介

熊本大学医学部附属病院ホームページ
病院長 水田 博志

広報誌バックナンバー

大学外観

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

本院における年間の延べ外来患者数は33万人、延べ入院患者数は27万人であり、熊本県を中心に地域医療の中核的な役割を担っています。本学においては、エイズ治療や再生・再建医学、生活習慣病などの研究拠点が形成されています。2013年には、手術支援ロボット、ハイブリッド手術室などが導入されました。2014年には、新外来診療棟が完成され、その後、管理棟も改修される予定です。また同時進行で、新臨床研究棟の建築工事が始まります。本院は、旧制五高と熊本藩校再春館の流れを汲む長い伝統に支えられています。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

本学が研究大学強化促進事業(RU22)に採択されたこともあり、今後、本院では、臨床-基礎融合型のトランスレーショナルリサーチ研究を推進できる戦略的な体制整備を図りたいと考えています。本院において、創薬と新規治療技術を開発することを目指します。また地域貢献としては、地域医療再生計画により地域医療システム学寄附講座をはじめとした4つの寄附講座を運営するとともに、県から地域医療支援センター事業を受託し、医師のキャリア形成・適正配置の支援にも取り組みたいと考えています。国立大学附属病院長会議では、将来像実現化WGで研究PTの副担当校をしております。

前のページへ