病院の紹介

滋賀医科大学医学部附属病院ホームページ
病院長 松末 吉隆

広報誌バックナンバー

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。
医療の高度化、病院経営の自立化をめざすとともに、特定機能病院としての役割分担を明確にするため、地域連携機能を強化しています。特に医療現場での問題解決を重視し、職場環境の改善による教職員のモチベーションの向上と、更に患者さんに対しては、心の通う医療サービスの提供をめざして、外部のご意見を取り入れ、受診環境の整備をはかっています。病院が患者さんから信頼と満足が得られるよう全人的医療の実践を目指しています。
Q.今後の目標についてお聞かせください。
2012年3月に病院再開発が終了し、施設、医療機器の整備がひととおり整い、2014年度にはヘリポートも完成しました。病院における臨床倫理の基本指針を策定し、ダ・ヴィンチロボット手術の拡大適応を進めています。医療の高度化をめざした臨床試験を推進するための臨床研究開発センター機能の強化を行い、先進医療の実践病院として、また質の高い医療を推進する専門病院として地域医療に貢献するとともに、大きく発展することを期待しています。
プロフィール 1975年3月 京都大学医学部卒業、同医学部附属病院で整形外科研修
1988年 同医学部附属病院整形外科助手
1993年 京都大学医学博士
1993年 京都大学医学部(整形外科学講座)講師,オーストラリアシドニー留学
2000年 同大学院医学研究科感覚運動系病態学(筋・骨格病態学)講座助教授
2001年3月 滋賀医科大学(整形外科学講座)教授
2005年4月 同医学部附属病院副病院長併任
2013年4月 同附属図書館長併任
2014年2月 滋賀医科大学医学部附属病院長(医療等担当理事、副学長併任)
日本整形外科学会代議員, 日本人工関節学会理事, 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS)監事, 日本関節病学会監事、他の理事、評議員歴任
前のページへ