病院の紹介

山梨大学医学部附属病院ホームページ
病院長 藤井 秀樹

広報誌バックナンバー

大学外観

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

医学部附属病院であるがゆえに、医学生、医師の教育、世界的な研究を担う山梨県内最大の病院です。「一人ひとりが満足できる病院」をその基本方針とし、一人ひとりの患者さんへの安全で、かつ大学病院という特性を生かした最新の基礎研究あるいは臨床研究の成果に基づいた確証のある他施設ではなしえない高度で質の高い診療を提供することが最も重要と考え実践しています。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

本院は設立当初から山梨県の地域医療を支える義務があると認識しています。本院がリーダーシップを発揮し県内医療機関を有機的にまとめ、県民の皆様のために山梨県の医療機関が本院を中心にして、あたかも1医療機関であるかのごとき体制を構築していきたいと思っています。地域医療活性のための原点となる考えだと思っています。

Q.病院長の好きな言葉、または皆様へのメッセージの言葉をお願いします。なお、言葉の説明もお願いします。

「謙虚・誠実・寛容・努力・正義」
人にとって謙虚であることは最も重要であると思います。特に医師にとって自らの力を過信することなく謙虚であることは重要です。謙虚であることは人に寛容であることと同意義です。謙虚であることは人の力を信頼することでその後の行動は誠実以外にはありません。それには私達がその意味を解し努力することが重要です。そしてすべての背景に医療者の正義があると思っています。私は毎朝「謙虚・誠実・寛容・努力・正義」と唱えてから病棟、手術室に行きます。

プロフィール 1979年 金沢大学医学部卒業後京都大学外科学講座入局
1983年 山梨医科大学、医員
1984年 山梨医科大学、助手
1987年~1990年 エプリー癌研究所研究員
1992年 山梨医科大学 講師
1997年 山梨医科大学 助教授
2003年 山梨大学 教授
2015年 山梨大学 理事・副学長・附属病院長
前のページへ