病院の紹介

山梨大学医学部附属病院ホームページ
病院長 武田 正之

広報誌バックナンバー

大学外観

photo

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

山梨大学医学部附属病院は、1983年に山梨医科大学附属病院として創設された山梨県唯一の特定機能病院です。本院の理念は「一人ひとりが満足できる病院」であり、この趣旨は「私たち病院職員一同は、病院の使命を達成するために、医療を受ける人、医療に携わる人など、本院を利用する方、一人ひとりが満足できる病院をつくります」ということです。また、本院の目標として、①共に考える医療、②質の高い安全な医療、③快適な医療環境、④効率の良い医療、⑤良い医療人の育成、の5項目を掲げています。
特定機能病院である本院には「我が国の医療の充実・発展に寄与する」という重要なミッションがあり、先進的・高度でかつ安全な医療を地域に提供するように努力しています。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

新病院長の喫緊の課題は、①附属病院の再整備第Ⅱ期・Ⅲ期工事の実施、②病院経営改善、③先進医療を含む高度医療の推進、④臨床研究の推進、です。また、地域医療レベルの向上と均一化、地域における医師の充足率の向上と偏在の是正も、重要な課題です。

Q.病院長の好きな言葉、または皆様へのメッセージの言葉をお願いします。なお、言葉の説明もお願いします。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」
山梨県人が最も敬愛する武将 武田信玄の名言です。どれだけ城を強固にしても、人の心が離れてしまえば世の中を収めることができない。熱い情を持って接すれば、強固な城以上に人は国を守ってくれるし、仇を感じるような振る舞いをすれば、いざという時自分を護るどころか裏切られ窮地にたたされるという意味です。附属病院、医学部、大学の運営にも通じる名言です。

プロフィール 1981年 新潟大学医学部卒業 同大学泌尿器科学講座入局
1987年 新潟大学大学院医学研究科修了(医学博士)
1987年 新潟大学医学部附属病院講師(泌尿器科学)
1991年 新潟大学医学部助教授(泌尿器科学講座)
1993~1994年 米国ニューヨーク大学メデイカルセンター留学
1999年 山梨医科大学教授(泌尿器科学講座)
2002年 山梨大学医学部教授(泌尿器科学講座)
2013年 山梨大学医学部長
2017年 山梨大学医学部附属病院長、副学長・理事
前のページへ