病院の紹介

東京医科歯科大学歯学部附属病院
病院長 若林 則幸  ホームページ

広報誌バックナンバー

Q.病院の特徴についてお聞かせください。

本院は、国際的に高く評価されている本学歯学部の研究実績を基に、質の高い医療の提供を目指しています。また、将来を担う歯科医療人の育成機関としても全国的に高い評価を受けています。そして、研究成果を基にした新しい治療方法の開発への貢献を目指しています。

Q.今後の目標についてお聞かせください。

本院は今後数年間にわたり、病院の再整備に伴う診療科の再編成を行います。大学病院としての使命を達成するために、財政基盤の安定化を図りつつ、将来の疾患構造の変化にも対応できるよう、診療環境の整備と体制の確立に努めてまいります。

Q.病院長の好きな言葉、または皆様へのメッセージの言葉をお願いします。なお、言葉の説明もお願いします。

若い歯科医療者には、エキスパートではなくプロフェッショナルを目指すよう、話しています。知識と技術を持っているだけでは医療者として甚だ不十分であり、患者さんの困っていることに対してどのように自分の技術を生かし、問題を解決できるのかを、常に患者さんと向き合いながら考え、実行できるプロフェッショナルを目指して欲しいと思います。

プロフィール 1988年 東京医科歯科大学歯学部卒業後,歯科補綴学第一講座に入局
1992年 東京医科歯科大学 大学院修了(歯学博士)
1994年 同 歯学部附属病院 助手
2006年 岩手医科大学歯学部 助教授(歯科補綴学)
2009年 東京医科歯科大学大学院 准教授(部分床義歯補綴学)
2013年 東京医科歯科大学大学院 教授 (部分床義歯補綴学)
2017年 同 歯学部附属病院長
趣味は一つもありませんが、身の回りの小さなことを楽しむことを心がけています。
前のページへ